「たった一人の人でした」(ハマボウの花の下で)

2017.09.20 Wednesday

1

★…以下…此の記事はアメ−バブログ(自説)からの転写です

★…(アメーバブログは文字数に限界があり、長文が書けません。それで、複数のブログを此処に転写する次第です)…

 

 

 

 

 

★…三橋美智也的懷念日語好歌たった一人の人でした(昭和34年/作詞:高橋鞠太郎/作曲:中野忠晴)…

…(歌詞は下記に記します)…

たった一人の 人だった
あの人思えば この胸が
しびれるほどに 熱くなる
好きだった 好きだった
ああ 女の夢よ なぜもろい

たった一度の 恋だった
諦めきれない せつなさに
おもかげ追えば 泣けてくる
好きだった 好きだった
ああ 女の願い なぜ消えた

たった一人の 人だった
あの頃思えば この胸が
ちぎれるほどに 痛くなる
好きだった 好きだった
ああ 女の幸よ なぜ薄い

歌詞:http://takurou.co-site.jp/natumero/31-35/tattahitori.html

 

                     …

 

 

 

…私が幼年期(3歳)の時、「コトバ(日本での日常会話)は誰が考え出したのか」等の事が知りたかった。此の研究に着手する切っ掛けとなったのは、【by Chance】(バイチャンス/際会)から3年が過ぎ、彼女が、私には手が届かない処にいってからでした…

…本格的な我が研究に着手(昭和61年=1986年8月22日/金曜)してから、奇しくも【31年】(カミ/エロヒムの頭文字=ALの数値)を経た、今年(平成29年=2017年6月)、ヤット【日本語のル−ツ】を特定する事に成功しました。

…「メネ、メネ、テケル、ウ・パルシン」(Mene,Mene,Tekel,U,pharsin/ダニエル書5・24〜25)…此れが、我が日本語のル−ツでした…此の言語のゲマトリア数値「1191」を取り込み日本人の聖書【日ノ本国・創建史】が作成された。そして此の日本語の普及活動は、タコチ】(八尾市/竹渕神社)地域からの詔(ミコトノリ)によって始められた…

…此の日本語のル−ツ特定に辿り着けたのは、今から35年前。それは彼女との二度目の【際会=by Chance】(バイチャンス)に遭遇(昭和56年=1982年12月)した事にありました。此の時の【際会】に関しては…《『ハマボウ(黄槿)の花の下で』より》…URL… http://erusaremu4654.jugem.jp/?eid=2  ドラッグ・クリックして検索)のブログに記載しています…

…【Qumran Sect】(クムラン秘儀教義宗団)トップグル−プの人達は、メネ、メネ、テケル、ウ・パルシンのゲマトリア数値(満1190)を、「ヘブル語&ギリシア文字配列方式」の【ゲマトリア】(文字&数値転換・解読方式)の数値として、【1萬年枠・物語】、即ち、「日本人の聖書」としての【日ノ本国・創建史】枠数値として取り込んだ。

…【ゲマトリア・秘儀数値】(満・1190)は、『日本書紀』の「開闢神話〜第12代・景行天皇」迄、つまり、【日本人の聖書】(Bible)としての【ホツマツタヱ】(秀真伝)と【ミカサフミ】(三笠文)文書を構成する【アスズ・コヨミ】(天鈴暦)の暦年数値として再設定した。そして、その【日本人の聖書】(正典)としての文書作成を指示したのは、「Qumran Sect」(クムラン・秘儀教義宗団)トップグル−プの頂点に位置する(カミ族=オニアス系・大祭司)の人達である。

 

…そのカミ族(オニアス系・大祭司)は、現在に言う八尾市(大阪府)の「跡部・竹渕(タコチ)・亀井」付近(平野区加美地域を含む)に居住地を構えていた。つまり、【八尾市】(大阪府)の【ヤオ】(八尾)の語元(語源の意ではありません)は、古代ユダヤ教に言う【主】(Yahweh・ヤハウェ)の別名であるΙΑΩヤオ/Q・レビ記断片文字)が語元である。

…『旧約聖書』に言う【】(God/倭語ヲン=ヨロズ/万)の御魂を、此の極東の島に勧請し、最初に祀った場所はタコチ(竹渕/大阪府八尾市竹渕)である。尚、唯一神( Y H V H )の御魂(大陽神)【ヲン】は、後に言う【天照大神】の尊称語と成った。ちなみに、未だ伊勢神宮が建立されていなかった時、最初の仮宮を設置(B,C,3年)し、祀った場所(八尾市)に対し、【タコチ】(竹淵)と命名したのは、此の極東の島に於いて、ユダ民族でイスラエル国の初代王と成った【ダビデ】の御魂を祀る為であった。

【ヲン】(大陽/God)とは、「イザヤ書19・18〜19」の預言、即ち…「その日、エジプトの国には、カナン語を話し、万軍の主に誓いをたてる5つの町が起こり、その1つは、イル・ハヘレス(大陽の町)と言われる」(後文略)。つまり、その記述部分を引いて、当時(BC2世紀中頃)のユダヤ教の大祭司オニアス4世は亡命した先のエジプト、即ち、【太陽の町】(ON)と呼ばれる処に【Jerusalem神殿】(イェルサレム神殿)を模倣した小規模の神殿を建立した。そのON】(古代エジプトの地名/大陽の意)の呼称に対し、後年(AD70年/【エルサレム第2神殿陥落)以降、オニアス系(大祭司系)の人達が渡海した後、倭語【ヲン】(ヲヲンカミ=大陽神・ONの意)として造語したのである。



【日本語の始まり】…に付いて、その最初の説明会は、今月、即ち、平成29年7月15日(土曜/午后2時〜5時迄)の定例会(大阪府八尾市久宝寺/寺内町まちなみセンタ−/http://kyu-machinami.or.jp/)の会議室(洋室)で行いました。

《ΙΑΩ(八尾)・発信会》

…【ΙΑΩ(ヤオ)・発信会】とは、「八尾(iao/大阪府八尾市)に始まる日本国家創建史」に付いて、大阪府八尾市から発信する会の略称です…

下記に【追記】(平成29年7月14日/金)…【缺史(ケッシ)八代説】の否定

…【缺史八代・説】(旧辞が無い説)は、『秀真伝』文書が再発見(昭和41年・1966年)された事を以て、無用の長物となりました。ちなみに、古代期(先史期/1世紀〜4世紀頃)に於ける【フジノヤマ】(富士山)の語元は【藤の花】であった。そして、【富士八湖】(現在は富士五湖)の、その語元の初出も『秀真伝』文書(第32章/ヤマトフトニ尊・諡ネコヒコ=孝霊天皇)の記述(旧辞の存在)が初出である…従って、『日本書紀』の「神武天皇〜崇神天皇迄には旧辞が無い」(缺史八代説)と言う説は成り立ちません。従って、私は…「缺史八代説は無用の長物になった」…と言う次第で有ります。

…【下記】に【追記】(2017/07/17・月曜)…「日本人のIdentity」(アイデンティティ−)…

…【日本語の始まり】を知る事と、【日本人のIdentity】(アイデンティティ−)とは何の関係があるのかと言えば、それは、【脱・ユダヤ教】を目指し、「カミ(上/God)に選ばれた人達」の子孫が創建したのが、我が【日本の国】であると言う事に尽きます。

…では、何が他国と根本的に違うのかと言えば、それは、「クニはイエ」(国は家)として、尚、その国家としての建国思想としては、つまり、基本的に我が日本の国の建国思想は、古代イスラエル教義に於ける【奴隷解放・思想】(ヤオの初出年/BC3年に関連する)であった。従って、【正典】(Bible)、即ち、日本人聖書としての【秀真伝】と【三笠文】文書を作成し、尚、時間をかけ、理想郷的国家(日ノ本思想国/大陽の国思想)を完成(唯一神明様式/角造立脚神殿=伊勢神宮の建立)させたのであった……

…【追記】(2017/09/16/土曜)…そのカミの国【ヤマト】創建に向けた活動は、【ΙΑΩ/ヤオ】(大阪府八尾市の地名)の地域から始まった。それは先ず、【御親カミ】(ユダヤ教のエロヒム → ヤハウェ)を、【ヤオのアラヒト】(ΙΑΩのAL人)達が、先ずタコチ(八尾市竹渕)に祀ってから、【日本建国・創建】に向けた活動が開始された。

 

…ちなみに、【Qumran Sect】(クムラン秘儀教義宗団)の人達とは、又、別ル−ト(後漢/王氏【莽】に面会した)を選び、此の島へ渡海したグル−プの人達(レビ族/祭祀系)。即ち、「ヤオのアラヒト」達が居住地とした地域だから、その地域に対し【ヤオ】(ΙΑΩ → 八尾)と呼んだのである。

…従って、【ヤマト・クニ】創建に向けた活動に当っては、再度、王莾(王氏)が支配(AD1年辛酉から22年壬午迄)した新の国へ使いを送った。その証拠と成るのが、亀井遺跡(八尾市)、瓜破遺跡(大阪市平野区)から発掘(出土)した【貨泉】1世紀初期/王莽政権時の貨幣)の存在である。

…下記に【追記】(2017/09/18)…【天御中主】の正体

…太占(フトマニ)の中心に設置した「3文字一体・カミ(上)」。その数値言語…【アウワ】(367+3=370)が、【3 → アメノミナカヌシ】(天御中主)の正体であった。此の秘儀数値【370】は、『Zohar/ゾハ−ル』(光輝の書)によると、マクロプロソプス(老いたル者)の頭髪から放たれる【370】の光輝と記す。従って、天照大神(ウヒルキ/語根数値87)の語元(語源の意ではありません)も、此の【光輝】(ゾハール)に関連付けての造語である。

…つまり【天使エノク・280】(サンダルホン)+【ウヒルキ・87】(天照大神)=【アウワ・367】+【3】(三位一体)=【天御中主・370】。と言う構図で我が国の【日ノ本・カミ代物語】(300萬年/天照大神の昇天年)は設定されていたのである。

【ヤマト言葉】は【カミの御名=ΙΑΩ】(八尾市の語元)に始まった

Qumran 秘儀教義宗団(B,C,31年)が設定した 【元始・日本語】

 

…【ダニエル書】(5・25)に記す、「Mene,Mene,Tekel,U・Pharsin」(メネ、メネ、テケル、ウ・パルシン/1191=満1190)とは…つまり、【ダニエル書】(旧訳聖書)に記す【Mene】(メネ/700&39/ダマスコ契約宗団現る)の語根文字をゲマトリア(文字&数値転換・解読方式)に変換し考察すれば、「Y H V H(ユダヤ教のヤハウェ)を意味表す数値」、及び、「始めと終りを意味表す言語(A・T)」に当る。その黙示文書(ダニエル書)によると、【Mene】(メネ/700&39)の語意に付いては、「カミが彼方の治世を数えて終わらせたと言う事です」…と説明する。次の文言【Tekel】(テケル/148&36)に付いては、「彼方がハカリで量られて目方が足りない事がわかった」…次の【U】(ウ/303&11)の語意に付いては聖書に説明がないが、筆者(秀真太郎)作成の【ゲマトリア・設定数値配列方式】に照らし合わせれば、Yahweh(ヤハウェ)の頭文字に当る。そして最後の語句である処の【pharsin】(パルシン/313&48)に付いては、「彼方の国が分割され、メディヤとペルシヤとに与えられる」。と【ダニエル書】(5・28)は記す。

 

…此れ迄の研究経過はAmebaブログ( http://ameblo.jp/erusaremu464/entrylist.html )の他…《『ハマボウ(黄槿)の花の下で』より/URL》…  http://erusaremu4654.jugem.jp/?eid=2 ←(ドラッグ&クリック検索)…等、複数のブログにも記載しています。

 

日本語【元始・ヤマト(日ノ本)言葉】は「BC31年以降」に始まった

 

…【元始・ヤマト言葉】の基本的文字配列方式(アイウエオ/5母音48文字言語)を創案したのは、【Qumran Sect】(クムラン・秘儀教義宗団)トップグル−プの人達の子孫を指導した【義の教師】(B,C,2世紀初め頃の事/正義の教師)であった。

 

…我が国の初期的、公的文書(歴史書)の元典(元書)は、【ホツマツタヱ】(秀真伝)&【ミカサフミ】(散逸書/三笠文文書…景行天皇迄)である。その元典(原典の意ではありません)の文面を引き継いだ内容は、『現存・日本書記』(国史大系1)に記す「武内宿禰(タケウチノスクネ)に関連する文面」(景行天皇天皇紀〜仁徳天皇50年条迄に登場する人物)に当る。

 

…『現存・日本書記』(国史大系1)の神功皇后紀の中で、武内宿禰が元典(秀真伝&三笠文)内容を引き継いだと思われる文書」(逸書)の存在を示す内容が、神功皇后(仲哀天皇の皇后)の摂政前紀(A,D,200年)に書かれている。それは、「三韓征伐・物語」(崇神天皇時代の歴史的な出来事)である。

 

…以上、此処に記す神功皇后の摂政(即位)前紀物語の研究を以て、この神功皇后条の文中に記す武内宿禰に関する話は、【ホツマツタヱ】(秀真伝)&【ミカサフミ】(三笠文)文書内容を、直接的に引き継ぐものである事を今日に至って私はハッキリ確認した。

 

…此れ迄は『秀真伝』文書に組み込まれているゲマトリア(文字&数値転換・解読方式)の全面的な解読が先決問題だと考え、出来る限り、その研究報告は『秀真伝』の研究以内に止め、ヲシロワケ(第12大・景行天皇)以降の時代(第13代・成務天皇以降)に関しては、出来るだけ言及を避けていました。だが、今年(平成29年)の4月を以て、『秀真伝』(三笠文を含む)のゲマトリア数値に関する研究は殆ど解明した事を以て、それ迄言及してこなかった『日本書紀』の神功皇后(ジングウコウゴウ)条に記す摂政前期(A,D,200年)に関する研究の一端を複数のブログに今月は投稿しました。

 

…『秀真伝』文書内容は、日本史の枠をはみ出し、紀元前に於ける世界歴年史(地中海沿岸文明史)に関連付けられた世界史的な歴史書に相当すると私は位置付けた。つまり、神功皇后の摂政前期物語の内容は、西暦年(AD5世紀中頃に設定、及び施行されたカレンダ−)が未だ設定されていなかった時代(紀元前後頃)であるにも拘わらず、我が国では【アスズコヨミ】(天鈴暦)、即ち、【幻の西暦1年目設定・カレンダ−】(皇歴年)を施行していたのである

 

…神功皇后紀の作者は、【幻の西暦1年目】を定義付ける為の文言を組込み、暫定的【アスズ・コヨミ】(木読/カレンダ−)を用い、世界の歴年史(地中海沿岸文化圏国)に結び付けるゲマトリア数値言語を組み込んでいる。そのゲマトリア数値言語とは、【梅豆羅】(メヅラ/アユ=鮎釣占)であり、又、【弁別】(秩序を意味表す言語/ワイタメが語元)の文言である。その【鮎釣・占】が意味するものは、【Qumran Sect】(クムラン・秘儀教義宗団)が、極東の此の列島(日本列島)に向け、移動を開始した記念すべき年代(BC31年)を意味表す【秘儀数値】の存在を物語る。

 

…此れからは…《カミの御名【ΙΑΩ】に始まる日本建国史・発信会》…として此の研究発表を通じ、此の研究内容を八尾市(大阪府)から発信していきます。

 

…上記の件、つまり…『秀真伝』(三笠文を含む)文書は世界史に相当する文書である…と言う、その根拠を先ず説明する必要がある。従って、【元始・ヤマト言葉】に先立つ文字の設定方式(以前のブログで既に説明済み)の解説から順次発信する事と致します。尚、我が日本国の創建史時代を司る【倭暦】(スズキコヨミ&アスズコヨミ)の説明も同時進行で説明していく予定です。

 

…現在言う日本の先史とは、即ち、日本のアカデミ−的な設定としは、「律令時代≒奈良時代」〜「飛鳥時代」頃迄とされていて、それ以前の我が国の歴史は全く解らないと言うのが現状である。然し、筆者説に言う、我が日本国の先史時代は、「歴史的闇の日本建国時代」(B,C,1世紀中頃〜A,D,3世紀中頃)に当る。つまり、歴史的闇の時代とは、【ホツマツタヱ】(秀真伝)文書に記す【ヤマト】(日ノ本の意)思想国の創建史時代である。その証拠は、伊勢神宮の【ヤシロ】(社/唯一神明造)と、【トリヰ】(鳥居)の形状にある。何故かと言えば、その【ヤシロ】(社)と【トリヰ】(鳥居)の形状は、『秀真伝』文書を構成する【ホツマ・文字】(幾何学的形状文字)の字形を以て建立しているからである。換言すれば、【語元】然り、「ヤシロ」(社)、「トリヰ」(鳥居)の形状は、【生きた化石】である

 

…【追記】(平成29年=2017/05/24・水曜)…日本語の起元は【ダニエル書】である

 

…【日本語の起元】(起源の意ではありません)は、上記に説明している「Mene,Mene,Tekel,U・pharsin」(メネ、メネ、テケル、ウ・パルシン…ダニエル書5・25)に起因する。そして、【日本・建国史】文書である【秀真伝】(歴史の闇にある日本史)に書かれた枠物語。その【枠・設定方式】も、【ダニエル書】(旧約聖書)である事をヤット突き止めた。つまり、『現存・日本書記』(国史大系1)に記す…「179萬2470年/甲寅」(長髄彦討伐開始年)…の出処(出自)数値も、その【ダニエル書】にある事を、約30年の研究を経て、今日(平成29年=2017/05/24・水曜/午前2時45分頃)突き止める事に成功しました。 

 

【追記】(平成29年5月29日/月曜)…カミの御名【ヲン大陽の意/一神教のカミ名

 

…【ダニエル書】(黙示文書)の、【Mene,Mene,Tekel,U・pharsin】(メネ、メネ、テケル、ウ・パルシン/5・26)の意とは…その『旧約聖書』(ダニエル書)によると…「【メネ】とは、カミが彼方の治世を数えて終わらせられたと言う事です」(5・27)。そして、「【テケル】とは、彼方がハカリで量られて、目方が足りない事が解ったと言う事です」(5・28)。そして、 「【パルシン】とは、彼方の国が分割され、メディヤとペルシヤとに与えられると言う事です」(5・28/ダニエルの解説文)。つまり、その3つの単語を要訳すれば…【メネ】(数える)、【テケル】(量る)、【パルシン】(分ける)…の意とされる。それで、【倭語・ゲマトリア数値】を用い、その数値を計算(メネ400−テケル259=ヲン141)すれば、一神教として古代エジプトの地(太陽の町/ヘ−リオ・ポリス)に祀られたGodの御名(ヲン)の秘儀数値(141)が此処に現れる。

 

…【倭語・ゲマトア】の【ヲン】(141)…とは、…「イタムコト、アラバ ヒフミヨ、ヰムナヤコ、ト(121)マデカゾエテ、フルエタダ、ユラユラフルエ(ゆらゆら震え)、カクナセバ、スデニマカルモ、ヨミカエル、フルノコトゾト、ミコトノリ」(秀真伝第20章…天御孫十種得アヤ)と言う祝詞言語に関連する。此の【物部氏族】に伝わる【ヒフミ神事】中の、「フルノコト」(振るの事)に当る数値であるが、此の数値言語は、次の「モ=百」(1)+「チ=千」(16)+「ロ=万」(3)=「ヲン=141」と言う【秘儀数値単位言語】を省略(1+16+3=20/澗誓蠖値)したものである。

 

…要訳すれば、その省略した部分(20/太占数値)の秘儀数値【141】(ヲン/God)の意は、「アルカナ」(隠された物の意/モ.銑哀蹲=20&フル91+78=169)を意味表している。その隠された部分(20)を繋ぎ合わせた合計数は…つまり、「121+20(モチロ/太占)=141」と言う秘儀数値となり、更に……「ト迄(55)数えて」+「フル(アルカナ/91+78)169」(365=1年/365日)の事ぞとミコトノリ」(物部伝承・祝詞言語/秀真伝・21章)と成る…

 

…従って、『秀真伝』文書は、上記【ヒフミ・神事】の後に、【フトマニ】(太占)祝詞が記されている。即ち…

 

※…アキニ(179/秋分〜春分迄)トルコチ(アルカナ・141+春・179/+コチ・680=1000)(氷/非)モトケ(解け)、ツミノカル(罪逃る)、イマハル(春/アルカナ・141+179+680=1000/完成=千木の語元数値)ナレバニシノソラ(西の空)、タミ(民)ツカレナシヨシヨシトミコト(詔)サタマル」と『秀真伝』(20章)は記す。

 

※…(注…此処のゲマトリア秘儀数値は筆者による挿入です)。尚、その裏(占いの語元)問えば、つまり、★【太占・第3番祝詞】文書によると…「フトマニ(20)/アキニ(179/秋分〜春分迄)ト(121)ハ(計・300/カミの数値)、コチ(680)ニヒモトケ(氷/非も解け)、ツミノカル(罪逃る)、ツグミココロ(告ぐ御心)ノ、ハル(春/春分/20+179+121+680=1000完成=千木の語元数値)ゾ、キ(来)ニケル」(此れら秘儀数値はアルカナ=隠された数値)と成る。

 

…上記【ヒフミ神事】と、此の【太占】祝詞の文言は、【天照大神】の嫡男(兄・オシホミミの皇子…ホノアカリ/カグヤマオキミ)が天降する時、として書かれた文面である。尚、弟のニニキネは、その天降を受け、帆船を製造した。その帆船で、兄のオシホミミは海路、つまり、「ツクモの地から伊豆の岬に帆を上げ、熊野(三重/和歌山)の海路を経て、斑鳩の峰を巡り白庭村に宮を造った。然し、その翌日(明日/カラス飛ぶ=アスカ/飛鳥&明日香の語元と成るには、早速、ホシホミミの気が変わり、別の地域(明日香)へ遷都した。従って…「カラス飛ぶ」(忍者)、「そのアスカ」(Assu 日/ 」(明日の日ノ出の意)と言うつまり、その双方の漢字の語意は同じで在る。

 

下記に【追記】(2017/09/20/水曜)…「アスカ」の語元」

 

…倭語【アスカ】(明日香/飛鳥)の語元は、紀元前2世紀頃に於ける「地中海沿岸文明国の国家存亡史」に関連する。その当時はロ−マが勢力を拡大し始め、他の地中海湾岸諸国を奴隷化する為の戦が激しくなっていた。従って、、ロ−マによる奴隷化に反対する人達の反乱軍も勃発した。そんな中、ベルガモンの国王は、そのベルガモン国(非嫡出子アリストニコス率いる反乱軍が居た)を、ロ−マに移譲(前133年)した事を以て、ロ−マから見て、ベルガモン地域(トロイ遺跡地域付近/現在のトルコ)より東側に対しAssu 」(アス…東・日ノ出の意)と呼んだ。此れが、行政上、最初の言語に当たり、以後、此の地域より東に対し「アジア」と呼ぶ由縁である。ちなみに、我が国の先史(秀真伝時代)に於ける「アスカ」の語意も「明日の夜明け」、つまり、「アスカ=日ノ出」を意味表す言語であった

 

…此の続きは  後日と致します…



…(ランキング↓ ↓ ↓ ←  (クリック)…宜しく…


にほんブログ村 歴史ブログ 世界史へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

2018.06.29 Friday

0
    関連する記事
    コメント
    コメントする